« 球根の植付け | トップページ | 蔦 »

2005.11.16

バードバス?

200511140011先週作ったお皿を仕上し、鳥を付けて・・・バードバスに仕上ました。おとり用の鳥のつもりですが、怖がって来ないかも~
備忘録さんのblogで、シジュウカラの水浴び見て、うちにも置きたくなりました~
陶芸の先生のお宅でも、鉢の受け皿で鳥が水浴びしてるとのことでしたので、受け皿みたいなバードバスです。
でも、まだ焼いてないただの粘土皿ですけど・・・(^^ゞ
今回の窯詰めは、終わっていました。
と、言う事はこのお皿は焼いてもらえません(>_<)ガ~ン!!来年です。
たくさん作る方がお休みしてるし、生徒さんも減っているので窯焚き回数が減っています。来年暖かくなった頃になっちゃうかも~ ア~~残念!
それで、焼きあがって無い状態でUPしちゃいました~
緑色の葉っぱは、型に使った生の葉っぱです。
3枚の葉っぱで型を取り、お皿に貼り付けました。最後のこの葉っぱはそのままでも、焼けば燃えて無くなってしまいます。とても綺麗な色の葉っぱなので、こんな色が出来たらいいけど・・・まず無理です。

☆おまけ
先日作ったエサ台にシジュウカラが来て、ヒマワリの種を食べてくれました~
やった~(^o^)丿  でも、種を加えて近くの木の枝でゆっくり食べていました。まだゆっくりできないようです。

|

« 球根の植付け | トップページ | 蔦 »

手作り」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

おぉ〜小鳥もorengeさんが作ったんですか〜本物みたいです〜上手ぅ!!
 窯焼きってやっぱり大変なんですね。でも楽しみが伸びて待ち遠しいですね。
 シジュウガラがお庭に遊びにくるなんて羨ましいぃ〜

投稿: はなりん | 2005.11.16 07:19

<はなりん さま>
はなりんさんのお家にもハナミズキがありますよネ きっとシジュウカラ来てますよ!
赤い実をとって、足で押さえて食べてるのを見かけます。
きょうは、めじろも一緒に来てくれました~
窯にいっぱいにならないと、先生は焼いてくれません。今度いっぱいになるのは、何時頃かなぁ~せっせと作らないと!(^^ゞ

投稿: orenge | 2005.11.16 12:00

おはようございます。
すっかりご無沙汰しております。
いい感じのバードバスですね。
でも、来年までお預けというのは
鳥さんにとっても残念ですね。
先週末からパソコンと共にクラッシュしていましたが、
ようやく復活しつつあります(体の方は完全復調ですが…)。
我が家ではシジュウカラはほとんど見かけなくなりました。
我が家によく遊びに来るのは
キジバトくらいかな…。

投稿: どてかぼちゃ | 2005.11.17 07:02

<どてかぼちゃ さま>
パソコンと共にクラッシュ・・・大変でしたネ
でもご自分で直してしまうなんてすごいですね。
私の使ってるパソコンは古いので、いつヘソ曲げてしまうか、不安です(^^ゞ
どてかぼちゃさんのお庭は、お花がいっぱいだし池に水浴びしに鳥が来てるのではないかしら?

投稿: orenge | 2005.11.17 18:36

orengeさん、
これがお話のあったバードバス・・・素敵ですね~。小鳥用にしちゃうのはもったいないくらい。窯詰が終わってしまったのは残念!!ま、来年の楽しみという事で、完成を待っています。
ついにシジュウカラがやってきましたね、よかった~~~。これから仲間を連れて沢山やってきますから・・・(ワクワク)
Blogの紹介、ありがとうございました。(今夜 しし座流星群 極大だそうですよ。)

投稿: zucca | 2005.11.17 20:48

<zucca さま>
釉薬つけると、また感じが違ってしまうのでどんなになるか・・・これも来年のお楽しみです。
せっかくシジュウカラが食べに来てくれたのに、ちょっと忙しくて、ゆっくり鳥観察できないのが悩みです。(^^ゞ
しし座流星郡今夜ですよねぇ~
昼間ちょっと雲が多かったので心配しましたが、どうでしょう?
お月様もとっても綺麗ですネ
明け方とニュースで言っていたのですが・・・
天文台のHP覗いてみますネ(^o^)丿

投稿: orenge | 2005.11.17 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74487/7135659

この記事へのトラックバック一覧です: バードバス?:

» 桃のこと [桃日記]
読者になりますね☆ [続きを読む]

受信: 2005.11.16 04:11

« 球根の植付け | トップページ | 蔦 »